サービス終了のお知らせ
かるた
▼人気記事ランキング
概要
かるた(歌留多、加留多、嘉留太、骨牌)とは、カードを使った主に正月に遊ぶ室内遊具である。

元々はトランプなどのカードゲーム一般を指した。現代日本では、花札か、後述する読み札にあわせた絵札をとってその枚数を競う競技を意味するようになった。

また、小倉百人一首の場合は読み札には短歌が書かれ、取り札には下の句が書かれている。

道具[編集]

文字札・絵札ともに、あいうえお46枚ずつの札がある。一音につき一セットの読み札・取り札が用意されている。

文字札・読み札 - 取り札の絵の内容を書いた短い文章が書かれており、読み手(多くは大人)が声に出して読む。
絵札・取り札- 読み札の内容を描いた絵と、読み札の文言の頭文字がひらがなで目立つように書いてあり、読み札を読むのに合わせて取り人が手を出して札を取る。ただし、小倉百人一首では絵はなく和歌の下の句が書かれている。

ルール[編集]

2人以上で行う。

読み人が読み札を読む。
できるだけ早く、読み札に合った取り札を叩く(はじく、または押さえることもある)。先に叩いた方がその札を手に入れる(札を取る)。
全ての読み札、取り札がなくなるまで繰り返す。
より多くの取り札を取った方の勝ち。
子供が文字を覚えるための遊びでもある。

起源[編集]

語源はポルトガル語だが、同様の遊戯は日本とポルトガルとの接触前からあったものと考えられている。元々は、平安時代の二枚貝の貝殻をあわせる遊び「貝覆い(貝合せ)」である。これとヨーロッパ由来のカードゲームが融合し、元禄時代頃に今日の遊び方となった。

日本のかるたは、16世紀末頃、筑後国三池(現在の福岡県大牟田市)で作り始められたと言われており、大牟田市には三池カルタ・歴史資料館がある[1]

古典的ないろはかるた[編集]

いろは47文字に対応した「いろはかるた」が最も古典的で有名である。なお、歴史的仮名遣い字音仮名遣いに必ずしも準拠しているものではない。

ことわざを使っているが、内容は江戸京都大坂など上方尾張などで各々異なっており、地方の特色が表れて、「郷土かるた」も各地に存在する。「犬も歩けば棒に当たる」で始まるものは、江戸かるた(犬棒かるた)である。

以下に示すものは伝統的な札の一例である[2]。2012年現在市販されているものには、一部の札が差し替えられているものも多い(「ゐ」「ゑ」「京」の削除対象も含む)。江戸いろはかるたの場合では、表現が難解あるいは死語となっている(「月夜に釜を抜く」→「月とすっぽん」、「総領の甚六」→「損して得取れ」など、「芋の煮えたもご存じない」「子は三界の首かせ」も同様に差し替え対象となっている)、下品な表現が含まれる(「屁をひって尻すぼめる」→「下手の長談義」[上方より流用])、差別的ニュアンスがある(「かったいの瘡うらみ」→「かえるの面に水」など)などが差し替えの理由として挙げられる。「良薬は口に苦し」はもともとは慣用仮名遣いの「れうやく」、「れ」の札だったが(字音仮名遣いでは「りやうやく」)、現代仮名遣いの「りょうやく」、「り」の札に配置変更され、元の「り」の札、「律義者の子だくさん」が不採用となったこともある。こういった時代に合わせた変化については賛否両論となっている[3]

その他のかるた[編集]

日本各地に、その地方の伝統や名物などを読み込んだかるたがある。代表的なものに、群馬県全域で親しまれている上毛かるたがある。それ以外にも北海道弁かるたや津軽弁かるたなど、各地方でCD付きの方言かるたも発売されている。こうした「郷土かるた」は千数百種類に達するとみられる[4]

キャンペーンとして、かるたが作られることもある。たとえば1938年、内務省社会局保険部が標語を募って「健康いろは歌留多」が作られた[5]

その他、テレビアニメ特撮番組のキャラクター等を用いたかるたも多く市販されている。

文学のかるた[編集]

金色夜叉 - お宮と富山の出会いの場がかるた会である。

脚注[編集]

  1. ^ 三池カルタ・歴史資料館
  2. ^ 同じ地域でも内容にはバリエーションがある。牧村史陽編『大阪ことば事典』(講談社、1979年 (講談社学術文庫版))付録の「いろはたとえ」(765-772頁)にはいろはかるたの成立過程についての考察に加え、アンケート、および実例に基づく明治期の大阪を中心としたいろはかるたのバリエーションが採録されている。
  3. ^ 「江戸いろはカルタ“毒”抜きに」読売新聞 2003年1月25日付け(Yomiuri On-Line WebArchiveのキャッシュ)
  4. ^ 山口幸男:郷土かるた 地域愛育む◇群馬の「上毛かるた」きっかけ、30年にわたり調査◇『日本経済新聞』朝刊2018年4月16日(文化面)
  5. ^ 紙業提要 王子製紙 1938年

    参考文献[編集]

    『実用ことわざ 慣用句辞典』 三省堂編修所編、三省堂、1987年
    一般社団法人全日本かるた協会小倉百人一首、とりわけ競技かるたを振興する組織

    関連項目[編集]

    天正かるた
    うんすんカルタ
    花札
    株札
    手本引
    百人一首
    トランプ
    大石天狗堂
    エンゼルプレイングカード
    奥野かるた店

    外部リンク[編集]

    「かるた」について、日本においての起源や、その歴史、名前の由来について。正月遊びにおける、かるたの位... | レファレンス協同データベース
    日本かるた文化館
    カルタの歴史 大牟田の歴史 | 三池カルタ・歴史資料館
    かるたを作りたい。作り方の載っている本はあるか。 | レファレンス協同データベース
出典:Wikipedia
2020/03/12 22:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant