サービス終了のお知らせ
お嬢さん (三島由紀夫の小説)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
お嬢さん』(おじょうさん)は、三島由紀夫長編小説。ドライで強気だったはずのうぶな女子大生のお嬢さんが、結婚を境に彼の女性関係に疑心暗鬼する女に変遷しながら、奥さんとして成長してゆく物語。恋愛模様を描いた娯楽的な趣の中にも、メタフィクションの試みや、ヒロインの揺れ動く心理の変化に伴って人物間の関係性が「鏡像的」に入れ替わる様が描かれ、最も見下していた相手から最後に救われるというアイロニーの効いた作品となっている[1]
1960年(昭和35年)、雑誌『若い女性』1月号から12月号に連載され、同年11月25日に講談社より単行本刊行された[2][3]。翌年1961年(昭和36年)2月15日には、若尾文子主演で映画も封切られ、1962年(昭和37年)と1967年(昭和42年)にはそれぞれフジテレビ系列(前者は系列局の関西テレビ制作)でドラマ化された[4][5]。文庫版は2010年(平成22年)4月25日に角川文庫で刊行された。
目次
1.主題
2.あらすじ
3.作品評価・研究
4.映画化
├4.1.キャスト
├4.2.スタッフ
└4.3.主題歌
5.テレビドラマ化
├5.1.1962年版
└5.2.1967年版
6.おもな刊行本
└6.1.全集収録
7.脚注
8.参考文献
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/10 13:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant