サービス終了のお知らせ
おむつ
▼人気記事ランキング
5.各国の状況
5.2.アジア
アジア各国では、新生児期、或いは乳児期にはおむつを装着するが、自力歩行が可能となった段階で夜間を除いておむつを装着しない地域も多い。このような地域では、幼児は排泄を催すと屋外や任意の場所で随時排泄する。2000年代に入り富裕層が増加すると、徐々に紙おむつが普及し始めた[24]
日本メーカーのアジアでの現地生産も盛んである。ユニ・チャームは1984年に台湾、1987年にタイ、1995年に中国、1997年にインドネシア、2008年にインドで生産・販売を開始。花王は1994年に台湾、2012年に中国、2014年にインドネシアに展開、後続の大王製紙は2011年にタイ、2013年に中国、2015年にインドネシアで現地生産を開始した。
中国では、2013年の一人っ子政策緩和頃からメリーズを主とした日本製紙おむつの人気が高まる。それに伴い、日本の販売店において中国での転売目的も含めた紙おむつの爆買いが発生し、品薄状態を危惧した店舗側で販売個数制限を設けたり、商品購入を巡るトラブルなどの問題が起きている[25][26][27]
[4]前ページ
(5.1.欧米)
[6]次ページ
(5.3.オセアニア)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/01 10:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant