サービス終了のお知らせ
おとなのけんか
▼人気記事ランキング
概要
おとなのけんか』(原題: Carnage)は、2011年フランスドイツポーランドスペイン合作のコメディ映画ヤスミナ・レザによる戯曲『大人は、かく戦えり』(原題:Le Dieu du carnage、英題:God of Carnage)に基づき、レザ自身とロマン・ポランスキーが脚本を書き、ポランスキーが監督を務めた。原題の"Carnage"とは虐殺の意。

ストーリー[編集]

11歳の少年ザカリー・カウワンはブルックリンの公園で同級生イーサン・ロングストリートを棒で殴り、前歯を折る怪我を負わせる。この喧嘩の後始末をするために、「被害者」の親であるロングストリート夫妻は、「加害者」の親であるカウワン夫妻を自宅に招く。

作家であるペネロピ、金物商を営むマイケルのロングストリート夫妻、そして投資ブローカーの仕事をするナンシーと、製薬会社を顧客にする遣り手の弁護士アランのカウワン夫妻は当初、友好的に「子供の喧嘩」を解決しようとするのだが、会話を重ねるに随い険悪な雰囲気になって行くばかりか、それぞれの夫婦の間でも感情的な対立が生まれて行く。

キャスト[編集]

ペネロピ・ロングストリート - ジョディ・フォスター(日本語吹替:深見梨加
ナンシー・カウワン - ケイト・ウィンスレット(日本語吹替:岡寛恵
アラン・カウワン - クリストフ・ヴァルツ(日本語吹替:山路和弘
マイケル・ロングストリート - ジョン・C・ライリー(日本語吹替:山野井仁
秘書(電話の声) - ジュリー・アダムス

製作[編集]

2010年1月、ポランスキーが『大人は、かく戦えり』の映画化を検討していると報じられた[4]。2010年9月、フォスター、ウィンスレット、ヴァルツの出演が判明し[5]、10月にはライリーの参加も明らかになった[6]

2011年2月から3月にかけて、パリで撮影が行われた[7][8]。ブルックリンが舞台であるにもかかわらずパリで撮影が行われたのは、ポランスキーのアメリカへの入国が法的に困難だったためである[9]

公開[編集]

2011年4月、ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが映画の北米配給権を購入した[10]

2011年9月1日、第68回ヴェネツィア国際映画祭で初上映され、金若獅子賞を受賞した[11]。アメリカでは2010年9月30日にニューヨーク映画祭のオープニング作品として上映された後[12]、2011年12月16日に公開される[9]

評価[編集]

本作は批評家から概ね高い評価を得た。映画のレビューを集積するウェブサイトRotten Tomatoesは、32件のレビューに基づいて本作の支持率を81%、評価の平均を7.3/10としている[13]。有力媒体の批評から100点満点の加重平均値を導くMetacriticは9件の批評を基に66という「広く好意的な評価」の値を示している[14]

参考文献[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/16 15:02
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant