うま味調味料
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
うま味調味料(うまみちょうみりょう)とは、うま味を刺激する物質を人工的に精製した調味料である。ナトリウムと結合した結晶のかたちで扱われ、砂糖のように、などに溶かして使うことが多い。主成分はグルタミン酸ナトリウムイノシン酸ナトリウムグアニル酸ナトリウムなど。
かつては「化学調味料」と称されていたが、1990年代から「うまみ調味料」と呼びかえられるようになった(後述)。現在は、加工食品において原材料名として、「調味料(アミノ酸等)」と表記されていることが多い。
初めて登場したうま味調味料は、1909年に発売された、グルタミン酸ナトリウムを主成分とする「味の素」である。
目次
1.歴史
2.うま味調味料の種類・食品添加物
3.製法
4.批判
5.「化学調味料」と「うま味調味料」
6.「化学調味料無使用」という表記
7.主な商品
8.参考文献
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/05/16 03:00
ソ人気記事ランキング
2019/05/23 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位田口淳之介
 4位5月22日
 5位MALICE MIZER
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant