うつ病
▼人気記事ランキング
14.参考文献
mhGAP Intervention Guide for mental, neurological and substance use disorders in non-specialized health settings (Report). 世界保健機関. (2010). . http://www.who.int/mental_health/publications/mhGAP_intervention_guide/en/. 
アメリカ精神医学会 (2004-04). “APA Practice Guideline Provides Recommendations for Assessing and Treating Patients With Suicidal Behaviors”. Psychiatr Ann 34 (5). http://stopasuicide.com/docs/APASuicideGuidelinesReviewArticle.pdf. 
アメリカ精神医学会 (2000a). Diagnostic and statistical manual of mental disorders, Fourth Edition, Text Revision: DSM-IV-TR. Washington, DC: American Psychiatric Publishing, Inc.. . 
アメリカ精神医学会 (2010-10). Practice Guideline for the Treatment of Patients With Major Depressive Disorder (Report) (3 ed.). doi:10.1176/appi.books.9780890423387.654001. http://psychiatryonline.org/content.aspx?bookid=28&sectionid=1667485#654001. 
アメリカ精神医学会 『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』、日本精神神経学会日本語版用語監修・高橋三郎・大野裕監訳・染矢俊幸・神庭重信・尾崎紀夫・三村將・村井俊哉医学書院、2014年6月30日。  原著は2013年。
米国国立メンタルヘルス機構 (2011). Depression (Report). http://www.nimh.nih.gov/health/publications/depression/complete-index.shtml. 
英国国立医療技術評価機構 (2009-08). CG91: Depression with a chronic physical health problem (Report). http://www.nice.org.uk/CG91.  - 慢性的身体症状を伴う成人の抑うつ
英国国立医療技術評価機構 (2009-08). CG90: Depression in adults (Report). http://www.nice.org.uk/CG90. 
英国国立医療技術評価機構 (2005). CG28: Depression in children and young people (Report). London. http://www.nice.org.uk/CG28.  - 子供と青年の抑うつ
日本うつ病学会; 気分障害のガイドライン作成委員会 (2012-07-26) (pdf). 日本うつ病学会治療ガイドライン (Report) (2012 Ver.1 ed.). http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf. 
日本生物学的精神医学会、日本うつ病学会、日本心身医学会「うつ病対策の総合的提言」『日本生物学的精神医学会誌』第21巻第3号、日本生物学的医学会、2010年、 155-182頁。
Mental and Behavioural Disorders Department of Mental Health (2006). Preventing suicide : a resource for counsellors (Report). 世界保健機関. http://www.who.int/mental_health/resources/preventingsuicide/en/. 
Thinking Healthy - A manual for psychological management of perinatal depression, 世界保健機関, (2015), WHO/MSD/MER/15.1, http://www.who.int/mental_health/maternal-child/thinking_healthy/en/  - 産後うつに対しての心理療法マニュアル
Making Mental Health Count - The Social and Economic Costs of Neglecting Mental Health Care (Report). OECD. (2014-07). doi:10.1787/9789264208445-en. 
Belmaker RH, Agam G. "Major depressive disorder." NEJM. 2008 Jan 3;358(1):55-68. PMID 18172175
Sadock, Virginia A.; Sadock, Benjamin J.; Kaplan, Harold I. (2003). Kaplan & Sadock's synopsis of psychiatry: behavioral sciences/clinical psychiatry. Philadelphia: Lippincott Williams & Wilkins. . 
Hadzi-Pavlovic, Dusan; Parker, Gordon (1996). Melancholia: a disorder of movement and mood: a phenomenological and neurobiological review. Cambridge, UK: Cambridge University Press. . 
アレン・フランセス『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』金剛出版、2014年3月。
志水彰ほか『精神医学への招待』改訂2版, 南山堂、2005年,
村上靖彦、永田俊彦、市橋秀夫、中安信夫『座談精神科臨床の考え方―危機を乗り越えるべく』メディカルレビュー社、2005年4月。
神庭重信編 『気分障害の診療学 - 世紀の精神科治療(新装版)第2巻』 中山書店、2008年。 
Robert Whitaker (January 1, 2009), Anatomy of an Epidemic: Magic Bullets, Psychiatric Drugs, and the Astonishing Rise of Mental Illness in America, New York: Crown Publishing Group, ASIN B004RU7U5C .(翻訳書は ロバート・ウィタカー 『心の病の「流行」と精神科治療薬の真実』、小野善郎監訳、門脇陽子・森田由美訳 福村出版、2010年9月19日。 
Irving Kirsch (October 19, 2009), The Emperor's New Drugs: Exploding the Antidepressant Myth, The Bodley Head,  .(翻訳書は アービング・カーシュ 『抗うつ薬は本当に効くのか』、石黒千秋訳 エクスナレッジ、2010年1月25日。 
デビッド・D・バーンズ『いやな気分よ、さようなら : 自分で学ぶ「抑うつ」克服法』星和書店、2004年4月、2。
笠原嘉『退却神経症 ?無気力・無関心・無快楽の克服』講談社〈講談社現代新書〉、1988年5月。
Ethan Watters (January, 2010), Crazy Like Us: The Globalization of the American Psyche, Free Press,  .(翻訳書は イーサン・ウォッターズ 『クレイジー・ライク・アメリカ: 心の病はいかに輸出されたか』、阿部宏美訳 紀伊国屋書店、2013年7月。 
日本医学会:第129回日本医学会シンポジウム記録集「うつ病」
一般社団法人うつ病の予防・治療日本委員会 (2008). うつ病診療の要点-10 (Report). http://www.jcptd.jp/medical/point_10.pdf. 
「うつ予防・支援マニュアル」分担研究班 (2009-05). “第8章 うつ予防・支援マニュアル”. 介護予防マニュアル(改訂版) (Report). 厚生労働省老健局老人保健課. http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/05/tp0501-1.html. 
[4]前ページ
(13.2.出典)
[6]次ページ
(15.関連項目)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/03 09:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/15 更新
 1位日本
 2位伊藤綾子
 3位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 4位二宮和也
 5位11月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant