うつ病
▼人気記事ランキング
11.診断検査の研究事例
11.1.光トポグラフィー検査
光トポグラフィー検査 (NIRS) によって、抑うつ症状の鑑別診断の補助に用いる[230]。近赤外光によって、大脳皮質の血液量変化を推定することによって、約7 - 8割の精度で、その抑うつ症状が、うつ病のものか、双極性障害あるいは統合失調症のものかを判別するため、鑑別診断の補助検査として用いることができる[230]。2014年4月には、診療報酬として「抑うつ症状の鑑別診断の補助に使用するもの」が適用された。

[4]前ページ
(11.診断検査の研究事例)
[6]次ページ
(11.2.MRI)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/03 09:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/19 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位伊藤綾子
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant