うつ病
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、英語: Clinical Depression)は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である[2]
精神障害の診断と統計マニュアル』第5版 (DSM-5) には、うつ病の診断名と大うつ病性障害(だいうつびょうせいしょうがい、英語: Major depressive disorder)が併記されており、この記事では主にこれらについて取り上げる[3]。これは1日のほとんどや、ほぼ毎日、2、3週間は抑うつであり、さらに著しい機能の障害を引き起こすほど重症である場合である[4]。1 - 2年続く死別の反応、経済破綻、重い病気への反応は理解可能な正常な反応である場合がある[3]
有病者数は世界で3.5億人ほどで一般的であり、世界の障害調整生命年(DALY)において第3位(4.3%)に位置づけられる[5][6]。しかし多くの国にて治療につながっておらず、先進国であろうと適切にうつ病と診断されていない事が多く、その一方ではうつ病と誤診されたために間違った抗うつ薬投与がなされている[5]。WHOはうつ病の未治療率を56.3%と推定し(2004年)[7]、mhGAPプログラムにて診療ガイドラインおよびクリニカルパスを公開している[2][5]
目次
1.定義
├1.1.下位分類
└1.2.診断名のうつ病と抑うつ状態
2.病態
3.分類
├3.1.古典的分類
├3.2.操作的診断基準による分類
└3.3.治療反応性による分類
4.原因
├4.1.生物学的仮説
├4.2.心理学的仮説
├4.3.薬物やアルコールによる影響
└4.4.社会的要因
5.予防
6.診断
├6.1.臨床評価
├6.2.DSM-IV-TRとICD-10の診断基準
└6.3.鑑別診断
7.診療科・医療機関
8.治療
├8.1.援助の方針
├8.2.心理療法
├8.3.薬物療法
├8.4.運動療法
├8.5.その他の治療法
└8.6.日本におけるうつ病治療の現状
9.予後
├9.1.回復率
└9.2.再発率
10.疫学・統計
├10.1.健常者との差異
├10.2.性差
├10.3.患者数とその推移
├10.4.子どものうつ病
├10.5.自殺企図者とうつ病の統計
├10.6.喫煙との関連
└10.7.うつ病によりリスクの高まる身体疾患
11.診断検査の研究事例
├11.1.光トポグラフィー検査
├11.2.MRI
├11.3.血液検査
└11.4.脳画像
12.新型うつ病(現代型うつ病)
13.脚注
├13.1.注釈
└13.2.出典
14.参考文献
15.関連項目
16.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/11/13 16:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/12 更新
 1位日本
 2位艶堂しほり
 3位12月11日
 4位ディアトロフ峠事件
 5位ジョジョの奇妙な冒険
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant