いろは歌
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
いろは歌(いろはうた)とは、仮名を重複させずに使って作られた47字の誦文(ずもん)のこと。七五調韻文となっており、のちに手習いの手本として広く受容され、近代にいたるまで用いられた。転じて「いろは」は初歩に習得しておくべき事という意味も持つ。またその仮名の配列は字母表の「いろは順」として、中世から近世辞書類や番号付け等に広く利用された[1]
目次
1.概要
2.文脈の解釈
3.作者
4.歴史
├4.1.金光明最勝王経音義のいろは歌
├4.2.出土物
└4.3.手習いの手本としてのいろは歌
5.手習いではない用途
6.その他
├6.1.「いろは」と忠臣蔵
├6.2.国音の歌
├6.3.「とがなくてしす」
└6.4.地名でのイロハの例
7.脚注
8.参考文献
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/20 09:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/05 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位井上真樹夫
 5位HR 8799 d
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant