いじめ
▼人気記事ランキング
2.いじめの分類
2.4.犯罪としての分類
傷害致死罪:(例)リンチによって被害者が死亡。
殺人罪未必の故意が認められる場合この犯罪が該当する。
脅迫罪:脅す、ナイフで刺すふりをする・ナイフを見せる、暴力団などの犯罪集団と共謀する。
恐喝罪:暴行や脅迫による金銭の要求。
強要罪性行為自慰売春など)の強要。常々いじめられる者同士を喧嘩させる。
自殺教唆罪自殺を促す(「とびおりろ」と発言など)。
逮捕・監禁罪:不法に人を逮捕し、監禁する事[40]
強姦罪強制わいせつ罪
名誉毀損罪侮辱罪:盗撮して、インターネットで流す。インターネット上の中傷。中傷ビラの頒布。携帯電話・メールでの嫌がらせ。なお、これらを警察に訴えれば、捜査がなされ、犯人は逮捕される。
窃盗罪:かばんなどを隠して、中身を取ると14歳以上は窃盗罪になる[41]
器物損壊罪:いじめる相手の持ち物を壊す、衣服を破く、その他、落書きや汚物等により回復が困難なほどに汚したりする。
犯罪の教唆(実行犯と同罪):強姦など性犯罪の要求、万引き(窃盗)など財産犯の強要。
偽証罪(法廷などで)・誣告罪:犯罪等を行ってそれをなすりつける、法廷など公的機関での虚偽報告。
陰謀や虚偽報告。なお、犯罪として立件できず、民事上の不法行為と認定されるケースがある
各法規定は、被害内容を下記の2つに大きく区分する。

精神的苦痛(非常に陰湿で、長期間いじめられる側(被害者)の精神に大きな打撃を与えるもの)
[4]前ページ
(2.3.インターネットいじめ)
[6]次ページ
(2.5.暴力系とコミュニケーション操作系)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/08/05 18:01
ソ人気記事ランキング
2018/08/19 更新
 1位石塚運昇
 2位ノモンハン事件
 3位日本航空123便墜落事故
 4位SMAP解散騒動
 5位となりのトトロ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant