いじめ
▼人気記事ランキング
5.対策
5.11.防止法
日本では教育再生会議の第一次報告に関連して、いじめを繰り返す児童・生徒に対する出席停止措置などの現在の法律で出来ることは教育委員会に通知するように、2007年1月22日安倍晋三首相が伊吹文明文部科学相に指示した。2011年の大津市中2いじめ自殺事件を受けて、2013年にはいじめ防止対策推進法でいじめの定義と学校側の義務が定められた[136]。このほか、いじめ被害者は人権侵害等については憲法(権利の回復)、刑事事件刑法(刑事訴追)、民事事件は民法などで損害賠償請求などの法規定によって保護される。なお、少年犯罪の凶悪化を受けて少年法改正がすすめられている。
アメリカ合衆国では2011年、47州でいじめ禁止法(いじめ防止法、Anti Bullying Act)が成立している[56]。中学生男子への追跡調査では、加害者の60%が、24歳までに何らかの犯罪で有罪宣告を受けている[137]
スウェーデンでは教育法で、学校にいじめ対策の立案が義務化されている。
[4]前ページ
(5.10.ケア)
[6]次ページ
(5.12.相談機関)

56. “米国も「校内いじめ」が深刻化、被害者女子高生がバスに飛び込み自殺”. 東亜日報. 2012年1月5日閲覧。
136. いじめ防止対策推進法(2013年6月28日法律第71号)
137. “いじめ加害者をどう罰するべきか”. ニューズウィーク日本語版 10月20日号. 2010年11月16日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/05/18 01:00
ソ人気記事ランキング
2018/05/22 更新
 1位朝丘雪路
 2位津川雅彦
 3位かぐや姫の物語
 4位西城秀樹
 5位星由里子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant