いじめ
▼人気記事ランキング
5.対策
5.2.いじめの発見
平成19年文部科学省調査によれば、いじめが発見されたきっかけは、学校の教職員が発見したのが50.3%、本人や家族の訴えなど教職員以外がきっかけのものは49.7%であった[18]

教職員が発見した方法としては「アンケート調査など学校の取組により発見」は(24.4%。きっかけ全体に対する割合。以下同様)、「学級担任が発見」(19.8%)が多く、教職員以外のものでは、「本人からの訴え」(24.6%)、保護者(16.3%)、本人以外の児童生徒(5.1%)の順である[18]

全体の大部分を占める非暴力的ないじめ(いたずらやふざけ、からかいや悪口、デマ、仲間外れや無視など。SNS上で行われるものも含まれる[125][126][127])を早期に発見し、早期対応へとつなげていく必要があり、そのためには教職員・児童生徒全員が「相手が嫌がることがすべていじめとなる」という認識を共有すること、教職員全員が児童生徒の発するわずかなサインも見逃さず非暴力的ないじめにしっかりと気づくことが重要である[125][128]

また同時に、早期発見・早期対応のために、いじめに気づいたりいじめを受けたりした児童生徒や保護者が匿名でそのいじめについて報告するためのウェブサイトや目安箱を開設・設置すること[129][130]や、児童生徒にいじめ被害時および発見時の教師への報告を奨励するとともに効果的な対応を行う体制を整えておくこと[131]、定期的かつ頻繁に(少なくとも1学期に1回、いじめが疑われる場合は即時)児童生徒が安心して真実を回答できる方法でアンケート調査を行うこと[130]や、休み時間や給食・清掃時間などに孤立したりからかわれたりしていないかチェックすること[132]、人間関係に関して深く掘り下げた面接を行うこと[133]などが大切である。

[4]前ページ
(5.1.積極的関与)
[6]次ページ
(5.3.監視カメラの設置)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/08/05 18:01
ソ人気記事ランキング
2018/08/17 更新
 1位日本航空123便墜落事故
 2位SMAP解散騒動
 3位岩倉具視
 4位ノモンハン事件
 5位8月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant