いじめ
▼人気記事ランキング
1.定義
1.2.嗜虐的関与
内藤朝雄によれば、いじめは相手の肉体的・心理的苦痛を快楽的に楽しむことを目的として行われるさまざまな行為であり、学級など簡単には抜けることのできない集団のなかで、群れた「みんな」の勢いや「自分たちなり」の特殊な秩序を背景として、そのような行為がなされることをいう[8]。内藤は「人間関係が濃厚すぎる集団内において生じる欠如を埋めようとする偽りの全能感」としていじめの理論化を行った[9]
内藤は最広義の定義を実効的に遂行された嗜虐的関与とした。つまり、相手が苦しむことを楽しむことを目的として、何らかの行為が行われ、実際にそれが効果を挙げたことをいう。「嗜虐的」攻撃は、「戦略的」攻撃[10]とは区別され、攻撃を受けて苦しむ様子を見ること自体が目的である。
次に、広義において、いじめとは「社会状況に構造的に埋め込まれたしかたで、実効的に遂行された嗜虐的関与」であるとされる。この定義において、たとえば通り魔や、グループを組まない乱暴者による一対一のいじめは除外される。なんらかの人間関係があったり、学級などに制度的に組み込まれているなどの枠組みの中で、いじめは発生する。
さらに、狭義では「社会状況に構造的に埋め込まれたしかたで、かつ集合性の力を当事者が体験するような仕方で、実効的に遂行された嗜虐的関与」と定義される。集団の中の「ノリ」がエスカレートして暴力が激化したり、客観的には取るに足らない理由でシカトされる者が決定されたりと、集団心理のダイナミクスが働いていることが狭義におけるいじめの要件となっている。[11]
[4]前ページ
(1.1.いじめ認定の要件)
[6]次ページ
(1.3.日本政府による定義)

8. 内藤朝雄『いじめの構造』講談社現代新書1984、2009年、49-52頁
9. 2001年『いじめの社会理論』
10. 金欲しさに強盗するような場合、暴力は金を手に入れるという目的のための手段であるから、「戦略的」攻撃と言われる。
11. 内藤朝雄『いじめの構造』講談社現代新書1984、2009年、49-52頁

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/02/23 18:31
ソ人気記事ランキング
2018/02/25 更新
 1位大杉漣
 2位メイプルソープ事件
 3位志布志事件
 4位岡潔
 5位バイプレイヤーズ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant