いじめ
▼人気記事ランキング
3.いじめの原因
3.1.集団心理
フランスの精神科医ニコル・カトリーヌは「アイデンティティーが確立していない10代の若者は集団への帰属意識が強い。集団から抜けたり集団のルールに従わない人間はスケープゴートにされる」としている[45]。スイスの心理療法士ヴァルター・ミンダーは、いじめとはグループ内に無意識のうちに成立した「暗黙の了解」に従わない者に大して行われるグループ現象としている。最大の問題は被害者にあるのではなく、グループの方である。いじめでの報道では、被害者の異質性に焦点が当てられることが多いが、実際にいじめられやすいのは、本当に異質な者ではなく、ごく普通の子が多いとしている[46]
森口朗は、内藤の理論をベースに独自の「スクールカースト」の概念を導入した。これはクラス内の序列のことで、人気や「空気を読む能力」の多寡により上下し、下位になるほどいじめられやすくなるという[16]
安藤美華代は、いじめの心理社会的要因の検討を行った結果、いじめを行う友達の影響、いじめの誘いを断る自己効力感、衝動性・攻撃性に対する自己コントロール、道徳観などが関連していることを明らかにした[47]
[4]前ページ
(2.6.排除型と飼育型)
[6]次ページ
(3.2.ストレッサー)

16. 森口朗『いじめの構造』新潮社、2007年、100頁。
45. レジス・アルノー (2010年10月2日). “「お国柄」では済まされないいじめ問題の根の深さ”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2012/10/post-558.php 2014年2月15日閲覧。 
46. “スイスの学校でのいじめ、なぜいじめは起こるのか?そして対策は?”. International Business Times. スイス放送協会. (2014年3月10日). http://jp.ibtimes.com/articles/55378/20140311/1394524829.htm 2014年3月20日閲覧。 
47. 2007年『中学生における問題行動の要因と心理的介入』

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/02/23 18:31
ソ人気記事ランキング
2018/02/25 更新
 1位大杉漣
 2位メイプルソープ事件
 3位志布志事件
 4位岡潔
 5位バイプレイヤーズ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant