いじめ防止対策推進法
▼人気記事ランキング
2.内容
2.2.学校の対処方法の明確化
学校の設置者及び学校が講ずべき基本的施策として
早期発見のための措置
相談体制の整備
インターネットを通じて行われるいじめに対する対策の推進を定めるとともに、国及び地方公共団体が講ずべき基本的施策として
いじめの防止等の対策に従事する人材の確保等
調査研究の推進
啓発活動について定めること。
学校は、いじめの防止等に関する措置を実効的に行うため、複数の教職員、心理、福祉等の専門家その他の関係者により構成される組織を置くこと。
個別のいじめに対して学校が講ずべき措置として
いじめを受けた児童生徒又はその保護者に対する支援
いじめを行った児童生徒に対する指導又はその保護者に対する助言について定めると伴に、
懲戒、出席停止制度の適切な運用等その他いじめの防止等に関する措置を定めること。
いじめを受けた児童・生徒が安心して教育を受けられるよう、いじめを行った側の児童・生徒は別の教室で授業を受けさせる
児童・生徒がけがをしたり長期間欠席することを余儀なくされたりするなど重大な被害が起きた場合には、学校が調査を行い事実関係を保護者らに伝えることを義務づけています。
いじめが起きた場合には、学校がカウンセラーの協力を得ながらいじめを受けた児童・生徒を継続的に支援する
[4]前ページ
(2.1.いじめの定義)
[6]次ページ
(2.3.重大事態への対処の指針)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/19 10:01
ソ人気記事ランキング
2019/04/21 更新
 1位日本
 2位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 3位永山則夫連続射殺事件
 4位モンキー・パンチ
 5位ルパン三世 ルパンVS複製人間
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant