サービス終了のお知らせ
いきなり!黄金伝説。
▼人気記事ランキング
5.不祥事
「いきなり!汚宅訪問。」コーナー(2002年9月4日放送)で日本に生息しないはずのルーセットオオコウモリが汚宅内に出現する場面があった。またテロップにはその後「自然に帰してあげました」と出た。しかしこのルーセットオオコウモリは、動物プロダクションから借用したものであった。[4]
2007年12月13日放送分において、タカアンドトシがシロサバフグの肝臓を使った釜飯の作り方を紹介。ホームページでも同様の内容を流した。これに対し、厚生労働省が「食品安全上不適切な内容」として健康被害の発生を防ぐ対策を講じるよう文書で指導した。なお、シロサバフグは無毒であるが食品衛生法では、肝臓や卵巣など内臓についてはフグの種類にかかわらず全面的に食用禁止としている。[5] 結果、ホームページと翌週のエンディングで謝罪した。また、翌週の放送で本来最後に入るはずだった「全確保食材で作った釜飯」のシーンも材料にシロサバフグが入っている関係上すべてカットされタカトシが再会したところで終了した。なお、この不祥事の反省点からか第2回目の同企画では番組側で食材の情報を提供するという方式がとられている。
2011年9月22日に放送した「1ヶ月1万円生活」において、オードリーの春日が飲食店の換気扇から出てくる匂いを元に食べる「ダクト飯」を実施し、過去に2010年夏にも同様の行為をやっていて、春日にスタッフが厳重注意をした。その一方でネット上から批判の声が多くあがったことやまた春日のほかに田村も同様で「貧乏生活」との関連性に矛盾を感じる声があがり、その年の12月以降の「1ヶ月1万円生活」でルール変更と内容を変えて実施した。
2013年6月6日放送回の19:54 - 19:58のパートにおいて、それに近い「ダクト餅」をやっていたことを発覚した。
2012年秋頃(10月期前半)に放送していた「1ヶ月1万円生活」企画に河西智美が参戦の際、序盤は意気揚々としていたが河西は序盤で4000円も遣い込んでしまったことで企画継続への限界を感じ、「自宅に荷物を取りに行ってくる」と言い残し企画開始から僅か5日で収録地のアパートから姿を消した。途中で復帰の意思が在るとの声明が出されるも結局は最後まで姿を現すことは無く、逃避行していた河西はリタイア宣言した[6]。のちに指原莉乃大家志津香が挑戦に名乗りを上げたが実現しなかった。
[4]前ページ
(4.4.いきなり!超過酷伝説。)
[6]次ページ
(6.主なスタッフ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/25 17:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant