サービス終了のお知らせ
あま市
▼人気記事ランキング
概要
あま市(あまし)は、愛知県の北西部にあるである。尾張地方に含まれる。

概要[編集]

2010年(平成22年)3月22日に海部郡七宝町美和町甚目寺町の3町合併により愛知県内37番目の市として誕生[1]。愛知県の平成の大合併最後の合併である。2009年(平成21年)7月24日の第8回合併協議会において、6点の名称候補の中から、協議会委員全員投票を行った結果、難読の郡名である「海部」をひらがなに直した「あま市」を市名とすることに決定した[2]

七宝地区では、江戸時代末期から地場産業である七宝焼による工芸品の製造が盛んであり、経済産業省指定の伝統的工芸品にも指定されている「尾張七宝」が有名である[3]。美和地区では、蜂須賀正勝福島正則を始め戦国時代に活躍した武将を多く輩出している[4]。甚目寺地区では、国の重要文化財5件を有する尾張四観音の一つで有名な甚目寺観音や、国内で唯一漬物の神様が祀られていることで知られる萱津神社など古くからの社寺が散在している[5]。地場産業である刷毛高度経済成長期の1970年(昭和45年)には、生産量で日本一となった[6]。1973年(昭和48年)には、甚目寺地区の刷毛生産高は全国の7割を占めていた。

地理[編集]

市内のほぼ全域が海抜ゼロメートル地帯で、地形は比較的平坦である。濃尾平野に位置し農業を中心に田園都市として発展してきたが、名古屋市の西に隣接し、名古屋駅まで約15分であることから名古屋市のベッドタウンとしても発展している[7]名鉄津島線が市の中央を横断し、名古屋第二環状自動車道が南北に縦断している。市内のほぼ全域で宅地開発が盛んになり、人口が増加傾向にある。

地形[編集]

河川[編集]


庄内川
新川
五条川
蟹江川
福田川

気候[編集]

気候は太平洋側気候であり、は高温多湿で蒸し暑い。は乾燥した晴天の日が多く、伊吹おろしという乾燥した冷たい風が吹いて体感温度が北日本並みに低下する日もあり、稀に20センチメートルを超える積雪に見舞われることもある。

地域[編集]

鎌倉時代は、『海道記』によると「(夜陰に市腋といふ處に泊る。前を見おろせば、海さし入りて、河伯の民、潮にやしなはれ。)市腋をたちて津島のわたりといふ處、舟にて下れば(中略)渡りはつれば尾張の國に移りぬ。(中略)萱津の宿に泊りぬ。」とあり、この当時は、甚目寺地区の萱津辺りから尾張国であったと考えられている。[9]

旧七宝町[編集]


町制時の大字にそれぞれ「七宝町」を冠称している。

七宝町沖之島(旧宝村
七宝町遠島(旧宝村)
七宝町安松(旧宝村)
七宝町秋竹(旧井和村
七宝町桂(旧井和村)
七宝町下田(旧井和村)
七宝町川部(旧井和村)
七宝町伊福(旧伊福村
七宝町鷹居(旧伊福村)
七宝町徳実(旧伊福村)
七宝町鯰橋(旧伊福村)
七宝町下之森(旧伊福村)

旧美和町[編集]


富塚(旧正則村
古道(旧正則村)
二ツ寺(旧正則村)
木折(旧正則村)
花長(旧正則村)
花正(旧正則村)
東溝口(旧正則村)
木田(旧蜂須賀村
中橋(旧蜂須賀村)
森山(旧蜂須賀村)
丹波(旧蜂須賀村)
金岩(旧蜂須賀村)
蜂須賀(旧蜂須賀村)
北苅(旧篠田村
乙之子(旧篠田村)
小橋方(旧篠田村)
篠田(旧篠田村)

旧甚目寺町[編集]


甚目寺
坂牧
本郷
上萱津(旧萱津村
中萱津(旧萱津村)
下萱津(旧萱津村)
森(旧森村
方領(旧春富村
石作(旧春富村)
小路(旧春富村)
新居屋(旧新居屋村
栄(旧東今宿村1933年東今宿より改称)
西今宿(旧白鷹村

土地利用[編集]

2015年1月1日現在の地目別面積は以下の通り[10]

人口[編集]

2015年3月31日時点で、総人口は88,170人で総世帯数は34,950世帯である。人口は西尾張では一宮市稲沢市江南市に次ぎ4番目、海部地域では最も多く、男女別では、男性43,989人、女性44,181人である。外国人人口は1,724人。昼間人口は71,148人で、昼夜間人口比率は82.05%となっている[11]

隣接している自治体・行政区[編集]

歴史[編集]

古代[編集]

市内では、弥生時代以降の遺跡が数多く発見されており、これらの遺跡は河川により形成された自然堤防後背湿地上に存在している。遺跡の分布をみると、弥生時代〜古代〜中世と時代が下がるにつれて、あま市北方から南方へ人々の生活範囲が広がっていることがわかった[12]

弥生時代後期の遺跡として阿弥陀寺遺跡・森南遺跡が挙げられ、これらの遺跡では発掘調査が行われ住居跡・井戸跡や大量の土器が発見された。特に、阿弥陀寺遺跡においては、環濠をもつ集落であることがわかった。古墳時代には、前方後円墳と推定される二ツ寺神明社古墳が出現するが、被葬者はわかっていない。同古墳西方には、同時期の集落と思われる蜂須賀遺跡が推定される。白鳳奈良時代の史跡としては、甚目寺遺跡や法性寺跡・清林寺遺跡・篠田廃寺といった古代寺院が挙げられる。なかでも甚目寺地区にある甚目寺遺跡・法性寺跡・清林寺遺跡の3寺院は、軒瓦の文様などから密接が関係があったとされる。その建立時期は、遺跡の状況から尾張地区でも比較的古い時期(7世紀後半)である大渕遺跡は、甚目寺・法性寺・清林寺の各寺院の創建期に関係があるとされる。この他にも市内各所から埴輪片や須恵器・中世陶器などが発見されている[12]

甚目寺観音のはじまり[編集]


甚目寺観音の起源は、記録に見るかぎり文永元年(1264年)の「文永甚目寺縁起」(古縁起)にある。それによると推古天皇5年(597年伊勢国甚目村(現・松阪市)の漁師の甚目龍麻呂が漁をしていたところ、網にかかった観音菩薩を引き上げた。観音像は金色の金銅仏である聖観世音菩薩で、龍麻呂は引き上げた観音様を祀る草庵を建てたことが甚目寺観音の始まりとされる[13]。この観音像は、善光寺如来脇侍であるとも記されている。甚目という苗字は『正倉院文書』や『日本三代実録』にもあって、『正倉院文書』には奈良時代の天平6年(734年)に中島郡に「甚目氏」の記述が見られる。さらに『日本三代実録』には平安時代貞観6年(864年)に海部郡に「甚目氏」の記述がある。このことから「甚目氏」と甚目龍麻呂との直接的な因果関係はわかっていないが、「甚目氏」は甚目寺観音周辺に遅くとも奈良時代以降には居を構えており、都の記録に登場するほど有力な氏族であったことがわかっている[14]

中世[編集]

鎌倉時代、幕府の所在地である鎌倉から全国へ放射状に広がる道である、いわゆる鎌倉街道の従来が激しさを増すと、その宿場町のひとつである萱津宿においても多くの人々や物資が行き交うようになった。こと萱津は、五条川庄内川の合流地点で、さらに伊勢から津島を経由して萱津につながる西の道との接点でもあり、まさに水陸の合流点と立地的に恵まれた土地であり、尾張の政治経済の中心地のひとつとして栄えた。幕府の高官をはじめ多くの旅人が萱津宿に立ち寄り、紀行文などにその記録を残している。編年で紹介すると以下の通りである[15]

文治2年(1186年) - 北条時政、頼朝の派遣した関東御使と会う(『吾妻鏡』)
建久6年(1195年) - 京都から鎌倉への帰途、将軍頼朝が宿泊(『吾妻鏡』)
貞応2年(1223年) - 市腋、津島を経て宿泊(『海道記』)
暦仁元年(1238年) - 将軍藤原頼教宿泊(『吾妻鏡』)
仁治3年(1242年) - 市が開かれた様子を綴る(『東関紀行』)
建長4年(1252年) - 将軍宗尊親王宿泊(『吾妻鏡』)
弘安2年(1279年) - 阿仏尼、鎌倉へ向かう途中に立ち寄る(『十六夜日記』)
弘安3年(1280年) - 飛鳥井雅有宿泊(『春能深山路』)
弘安6年(1283年) - 一遍ら甚目寺にて断食行法(『一遍上人絵伝』)
およそ100年の間に少なくとも4人の鎌倉幕府将軍が萱津に宿泊するなど、時の権力者を、迎え入れるほど、萱津は宿場として立派に機能していたことがわかる。『吾妻鏡』の建久6年(1195年)の記事によれば、源頼朝が萱津宿に立ち寄り、ここで尾張守護小野成綱の接待を受けたことが記され、同書には引き続き4代将軍の藤原頼経、6代将軍の宗尊京都〜鎌倉従還の際の宿泊所として利用したことが記されていることからも、萱津宿は尾張を通る鎌倉街道の宿場のなかでも、重要な位置をしめていたことが推察できる[15]

近世[編集]

戦国時代では、蜂須賀正勝福島正則をはじめ、蜂須賀正勝の実子の蜂須賀家政、そして福島正則の実弟の福島高晴が城持ち大名となっている。この他にも大名にまでは至らないものの、福島正則の参謀として名高い福島丹波や、赤林孫七郎など戦国時代に活躍した武将を多く輩出している[16]

16世紀、尾張の政治経済の中心地は下津から清洲城へと移り、萱津はこれまで通り宿場としての機能を果たすが、戦国時代に合戦場として登場する(萱津の戦い)。その戦いについて『安土創業録』を見ると、天文20年(1551年織田信友斯波義廉を倒し清洲城を奪うや、那古野に在城する信長は、その仇を討つべく出陣、稲葉地より川を越え、萱津の民家を放火せしめた。そこへ清洲城より織田信友勢が打ち出し合戦となった、とある。結果は信長軍の勝利に終わるが、この戦いは詳しくは記されていない。この戦いは僅か数時間のもので『信長公記』には「海津(萱津)口へ御かかり候。八月十六日辰の刻、東に向かってかかりあい、数刻火花を散らし相戦い」と出てくるのみであった[17]

近現代[編集]

尾張七宝のはじまり[編集]


この地方で七宝が作られるようになったきっかけは、江戸時代末期の天保4年(1833年)、梶常吉によってもたらされたといわれている。梶常吉は、享和3年(1803年)、尾張藩士梶市右衛門の二男として生まれ、文政5年(1822年)、海東郡服部村(現在の名古屋市中川区)に移り住み、鍍金業を営んでいたといわれている。あるとき、七宝焼のことが書かれた本がきっかけで七宝焼に興味を持って独学で研究するが、その仕組みを知ることはできなかったが、常吉は天保3年(1832年)に名古屋市末広町の骨董商松岡屋嘉兵衛の店先でオランダ船が運んできたという七宝焼を入手し、砕いてその仕組みや原料を分析した。研究を重ねて合子や筆立て、文鎮などの小物類を製作した。これが尾張地方における近代七宝のはじまりといわれている。海東郡遠島村(現在のあま市七宝町遠島)の農家に生まれた林庄五郎は、安政3年(1856年)に梶常吉から七宝焼の製法を学び、同じ村の人々に伝えた結果、この地域で七宝焼の製造が盛んになった[18]

あま市の発足[編集]


昭和28年の「町村合併促進法」と、続く「新市町村建設促進法」によって全国で町村合併が推進された。これに伴い、昭和29年に甚目寺町は名古屋市へ合併を働きかけるが、名古屋市の巨大化を懸念する愛知県がこれに反対し、この合併を認めなかった。愛知県はこの地域の合併試案として甚目寺町と大治村で一つに、美和村、七宝村、神守村での合併を推進していた。昭和31年、美和村が甚目寺町に合併を申し入れるが、合併方法を巡る双方の食い違いもあって議論は6ヶ月にわたって行われるも合併には至らなかった。一方で七宝村と大治村の合併話も浮上したが、こちらも合併には至らずに現状維持となった[19]

2008年(平成20年)5月1日には、七宝町・美和町・甚目寺町・大治町の4町で「海部郡東部四町合併研究会」を設置。2008年(平成20年)11月5日の大治町の離脱により「海部郡東部四町合併研究会」は解散。それに代わって2008年(平成20年)11月に「七宝・美和・甚目寺町合併研究会」で合併研究会を設置。2009年(平成21年)4月に法定合併協議会へ移行。7月の第8回合併協議会において、6点(西名古屋市、名西市、海部市、海東市、あま市、西尾張市)の名称候補の中から、旧3町の住民へ募集を行い最も多かった名前が「名西市」だったが、その後の合併協議会委員の選考で、「あま」という名前を残したいという理由で投票を行った意味がなくなり、最も投票数が少なかった「あま市」に決定。2010年(平成22年)3月22日、あま市が誕生した。

沿革[編集]

1889年 - 海東郡宝村井和村伊福村正則村蜂須賀村篠田村、甚目寺村、萱津村春富村新居屋村森村東今宿村白鷹村が発足。
1891年 - 濃尾地震が発生。
1906年 - 海東郡宝村、井和村、伊福村が合併し海東郡七宝村が発足。海東郡正則村、蜂須賀村、篠田村が合併し海東郡美和村が発足。海東郡甚目寺村、萱津村、春富村、新居屋村、森村、東今宿村、白鷹村が合併し海東郡甚目寺村が発足。[1]
1910年 - 海東郡甚目寺村の廻間地区を西春日井郡清洲町に編入。[1]
1913年 - 海西郡と海東郡が合併して海部郡となる。
1914年 - 名古屋電気鉄道(現・名鉄津島線)津島線枇杷島橋駅(現・枇杷島分岐点)〜新津島駅(現・津島駅)間が開業。[20]
1932年 - 甚目寺村が町制施行され、甚目寺町となる。[1]
1943年 - 甚目寺町の土田地区と上条地区を清洲町に編入。[1]
1944年 - 清洲飛行場が建設される。
1958年 - 美和村が町制施行され、美和町となる。[1]
1959年 - 伊勢湾台風による被害を受ける。
1966年 - 七宝村が町制施行され、七宝町となる。[1]
1988年 - 東名阪自動車道(現在の名古屋第二環状自動車道)が開通。
2000年 - 東海豪雨による被害を受ける。
2009年 - 七宝・美和・甚目寺町合併協議会を設置。
2010年3月22日 - 海部郡七宝町、美和町、甚目寺町が合併してあま市が誕生。
2010年9月23日 - 市章制定。[21]
2015年11月22日 - あま市巡回バスの試行運行を開始。[22]
2015年12月13日 - 市の花(ゆり)・市の木(ハナミズキ)を制定。[23]

市域の変遷[編集]

行政[編集]

市が掲げるキャッチコピー:「人・歴史・自然が綾なす セーフティ共創都市 “あま”」

市長[編集]

初代 村上浩司(2010年4月19日 - 3期目)

財政[編集]

2015年度(平成27年度)当初予算[24]

市役所[編集]

あま市役所本庁舎
甚目寺庁舎
七宝庁舎 - 2018年1月4日より機能停止している。
市民の利便性を考慮し、市の位置的中心付近である「あま市七宝町沖之島深坪」に市役所新庁舎を建設する計画がある。名鉄七宝駅から南に約800メートルの地点に建設する予定である[25]

議会[編集]

あま市議会[編集]

定数:22人
任期:2019年5月1日 - 2023年4月30日
議長:後藤幸正(無会派)
副議長:柏原功(政和会)
(2019年5月21日現在[26]

愛知県議会[編集]

定数:2人
選挙区:あま市及び海部郡選挙区
任期:2019年4月30日 - 2023年4月29日
執行日:2019年4月7日

衆議院[編集]

選挙区:愛知9区津島市稲沢市愛西市弥富市一宮市(旧・尾西市域)、あま市、大治町蟹江町飛島村
任期:2017年10月22日 - 2021年10月21日
当日有権者数:435,193人
投票率:51.95%

施設[編集]

警察[編集]

愛知県警察 津島警察署(津島市)が管轄。
甚目寺幹部交番
美和交番
七宝交番
甚目寺南交番
伊福駐在所

消防[編集]

海部東部消防組合 - 海部東部一市一町(あま市・大治町で構成)で設立された一部事務組合[27]
本署
北分署

医療・福祉[編集]

病院[編集]


あま市民病院(旧名称:公立尾陽病院)
医療法人宝会 七宝病院
医療法人和合会 好生館病院

福祉施設[編集]


甚目寺総合福祉会館
七宝総合福祉センター
美和総合福祉センターすみれの里
甚目寺老人福祉センター
人権ふれあいセンター
本郷憩の家
森憩の家
新居屋憩の家

文化施設[編集]

会館・公民館[編集]


美和文化会館 - 大ホール収容人員709人(車イス5席、親子席4席)
七宝産業会館
甚目寺産業会館
甚目寺公民館 - 大ホール収容人員805人(車イス3席)
美和公民館
七宝公民館

図書館[編集]


あま市美和図書館
1979年には美和町中央公民館の開館にともなって公民館図書室が開館。1994年7月12日には美和町文化会館・図書館内に図書館が開館。2010年には3町の合併にともなってあま市美和図書館に改称。図書館部分の延床面積は753.84平方メートル。2014年度の蔵書点数は121,327点、貸出点数は210,194点、1人あたり貸出点数は2.4点。[28]。あま市美和図書館のほかには、七宝公民館読書室と甚目寺公民館図書室がある。

資料館[編集]


七宝焼アートヴィレッジ
あま市美和歴史民俗資料館
あま市甚目寺歴史民俗資料館
七宝郷土資料館(2019年3月31日をもって閉館し解体)

郵便局[編集]

甚目寺郵便局 - 集配局
美和郵便局
七宝郵便局
甚目寺本郷郵便局
甚目寺西今宿郵便局
美和篠田郵便局
富塚郵便局
伊福簡易郵便局
郵便番号は以下の通りとなっている。

甚目寺郵便局:旧甚目寺町の区域(490-11xx)
美和郵便局:旧美和町の区域(490-12xx)
蟹江郵便局:旧七宝町の区域(497-00xx)

公園[編集]

リバーサイドガーデン
森ヶ丘公園
二ツ寺親水公園
アートヴィレッジふれあい広場

運動施設[編集]

体育館[編集]


甚目寺総合体育館
七宝総合体育館

グラウンド[編集]


七宝グラウンド
七宝鷹居グラウンド
美和グラウンド
蜂須賀グラウンド
森グラウンド
森遊水地グラウンド

テニスコート[編集]


七宝テニスコート
美和テニスコート
甚目寺テニスコート

対外関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

海外[編集]


2005年に開催された愛知万博で、愛知県内の市町村(名古屋市を除く。)が120の万博公式参加国をそれぞれ「一市町村一国フレンドシップ事業」としてフレンドシップ相手国として迎え入れた[29]

アゼルバイジャン共和国
ベトナム社会主義共和国
マリ共和国

国内[編集]


七ヶ浜町宮城県宮城郡

経済[編集]

産業産出額:17.4億円[30]
製造品出荷額:1,353億円[31]
卸売業年間販売額:599億円[32]
小売業年間販売額:462億円[32]

農業[編集]

農業協同組合[編集]


海部東農業協同組合
甚目寺支店
七宝支店
伊福支店
美和支店

商業[編集]

アオキスーパー甚目寺店
ピアゴ甚目寺店
ヨシヅヤ
甚目寺店
甚目寺呉服館
ナフコトミダ
七宝店
木田店
コノミヤ甚目寺店
V・drug
甚目寺店
甚目寺西店
スギ薬局
美和店
甚目寺森店
サンドラッグ
甚目寺森店
美和店
クリエイトSD
愛知甚目寺店
マツモトキヨシ甚目寺店
ゲンキー新居屋西店
クスリのアオキ
甚目寺森店
甚目寺小路店
ドラッグユタカあま甚目寺店
ザ・ダイソー
ヨシヅヤ甚目寺店
あま市甚目寺店
セリア
甚目寺店
ピアゴ甚目寺店
DCMカーマ美和店
マツヤデンキ甚目寺店
ゲオ
七宝町店
甚目寺店
夢屋書店甚目寺店
西松屋甚目寺店
ニッケタウン甚目寺[33]

金融機関[編集]

愛知銀行美和支店
大垣共立銀行
甚目寺支店
七宝支店
十六銀行美和支店
名古屋銀行甚目寺支店
三菱UFJ銀行尾張新川支店 甚目寺出張所
愛知信用金庫七宝支店
いちい信用金庫
美和支店(廃止)
甚目寺支店
七宝支店
岐阜信用金庫美和支店
中日信用金庫甚目寺支店

あま市に本社を置く主な企業[編集]

名古屋電機工業
海部清掃
中日本炉工業
愛知刷毛刷子商工業協同組合
七宝町七宝焼生産者協同組合
エイビス
三光製作所
河村産業所
井村食品
三鷹金属工業
セントラルヨシダ
堀田萬蔵商店

あま市に事務所を置く主な企業[編集]

日本電話施設株式会社 電設事業本部
ANAフーズ株式会社 名古屋支店
株式会社海部清掃 RCセンター
川上産業株式会社 名古屋工場
株式会社日本デリカフレッシュ 名古屋工場
日本リーテック株式会社 中部支社
トールエクスプレスジャパン株式会社 中部支社
トーエネック 甚目寺営業所
アイカ工業株式会社 甚目寺工場
旭金属株式会社 名古屋工場
カーネルコンセプト 名古屋西SSC
株式会社東光高岳
中部支社
名古屋工場
タンゲ化学工業株式会社 甚目寺工場
カクダイ製菓 七宝工場
豊田合成株式会社 美和技術センター
池戸製作所 甚目寺工場
鎌倉ハム
事業所
甚目寺本部工場
本部営業所
竹田印刷 スタジオACE1
東邦ガス あま営業所
キングコーポレーション 名古屋本店
西尾レントオール
RA名古屋営業所
ビジュアル営業所名古屋事務所

マスメディア[編集]

送信所[編集]

東海ラジオ放送七宝送信所

教育[編集]

高等学校[編集]

公立

愛知県立美和高等学校
愛知県立五条高等学校
私立

啓明学館高等学校 七宝キャンパス(体育館、グラウンド)

中学校[編集]

あま市立美和中学校
あま市立甚目寺中学校
あま市立甚目寺南中学校
あま市立七宝中学校
あま市立七宝北中学校

小学校[編集]

あま市立正則小学校
あま市立美和小学校
あま市立篠田小学校
あま市立美和東小学校
あま市立甚目寺小学校
あま市立甚目寺東小学校
あま市立甚目寺南小学校
あま市立甚目寺西小学校
あま市立七宝小学校
あま市立伊福小学校
あま市立宝小学校
あま市立秋竹小学校

幼稚園・保育所[編集]

市立保育所[編集]


七宝北部保育園
正則保育園
篠田保育園
昭和保育園
聖徳保育園
萱津保育園
新居屋保育園
五条保育園
大花保育園

私立保育所[編集]


七宝こども園
ひかり保育園
美和保育園

幼稚園[編集]


青山幼稚園
木田幼稚園
七宝幼稚園
甚目寺幼稚園
中川幼稚園
明和幼稚園

児童館[編集]

七宝児童館
美和児童館
甚目寺中央児童館
甚目寺南児童館
甚目寺北児童館
甚目寺西児童館

交通[編集]

鉄道路線[編集]

市の中心となる駅:木田駅

津島線 : (清須市) - 甚目寺駅 - 七宝駅 - 木田駅 - (津島市)
廃止駅
新居屋駅
甚目寺-七宝間にあった駅。1944年(昭和19年)に休止、1969年(昭和44年)に廃止された。

名古屋市営地下鉄桜通線中村区役所駅から延伸して七宝地区へ乗り入れる計画があるが、着工には至っていない。あま市役所の最寄駅は美和地区にある木田駅であり、JTB時刻表でも木田駅があま市の代表駅として記載されている。南北に長い七宝地区ではどの駅へも比較的距離があるため、名鉄バスを利用する人が多く、南部ではJR東海関西本線蟹江駅を利用している人も少なくない。

バス[編集]

名鉄バス
名鉄バスセンター・栄(オアシス21) - (安松経由) - 大坪・津島
名鉄バスセンター - (岩塚経由) - 大坪・津島
あま市巡回バス
北部巡回ルート(美和・甚目寺)
南部巡回ルート(美和・七宝)
東部巡回ルート(甚目寺)
あま市民病院巡回バス
日赤午前コース
萱津橋西 - 名古屋第一赤十字病院 - 大治町スポーツセンター - 甚目寺駅
日赤午後コース
甚目寺駅 - 萱津橋西 - 名古屋第一赤十字病院 - 萱津橋西
森コース
方領 - 森憩の家北児童館 - 森5丁目 - 新居屋 - 甚目寺駅
美和第1コース
七宝駅 - 木田駅 - 蜂須賀 - 美和保健センター - 二ツ寺住宅 - 甚目寺駅
美和第2コース
苅屋橋 - 七宝焼アートヴィレッジ - 乙之子 - 金岩 - 甚目寺駅
七宝・大治コース
伊福 - 七宝市民サービスセンター - 西條 - 新大正橋西 - 大治町役場 - 甚目寺駅
停留所はないものの、名古屋市営バスが旧七宝町域を通過している。稲沢市の国府宮神社国府宮はだか祭りが開催される際には、定期路線ではない稲沢市方面への路線があま市内から名鉄名古屋本線国府宮駅まで臨時運行される。

道路[編集]

名古屋第二環状自動車道
(清須市) - (19)甚目寺北IC - (20)甚目寺南IC - (海部郡大治町)
東名阪自動車道
(名古屋市中川区) - (24)名古屋西TB - (海部郡蟹江町)
国道302号名古屋環状2号線
愛知県道40号名古屋蟹江弥富線
愛知県道59号名古屋中環状線
愛知県道65号一宮蟹江線西尾張中央道
愛知県道68号名古屋津島線
愛知県道79号あま愛西線
愛知県道115号津島七宝名古屋線
愛知県道124号西条清須線
愛知県道126号給父西枇杷島線
愛知県道128号給父清須線
愛知県道139号須成七宝稲沢線
愛知県道200号名古屋甚目寺線
愛知県道518号蜂須賀白浜線

ナンバープレート[編集]

あま市には名古屋ナンバー(愛知運輸支局)が割り当てられている。

文化[編集]

文化財[編集]

あま市には、国指定6件、愛知県指定11、あま市指定15件の指定文化財があり、国登録文化財2件がある[34]
[35]

重要文化財(国指定)[編集]


県指定文化財[編集]


市指定文化財[編集]


国の登録有形文化財[編集]


名所・旧跡[編集]

蜂須賀城
桂城
深田城趾
阿弥陀寺遺跡
森南遺跡
大渕遺跡
二ツ寺神明社古墳[36]
蜂須賀遺跡
甚目寺遺跡
法性寺跡
清林寺遺跡
篠田廃寺跡
萱津古戦場
出典:Wikipedia
2020/02/21 19:03
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant