あかつき (探査機)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
あかつき(第24号科学衛星: 計画名「PLANET-C」または「VCO(Venus Climate Orbiter、金星気候衛星)」)は、宇宙航空研究開発機構(以下JAXA)宇宙科学研究所(以下ISAS)の金星探査機。観測波長の異なる複数のカメラを搭載して金星の大気を立体的に観測する。2010年5月21日に種子島宇宙センターから打ち上げられた。
2010年12月7日に金星の周回軌道に入る予定であったが、打ち上げから半年ほどして、メインエンジンが故障した。金星に近い軌道で太陽を周回しながら、宇宙をさまようしかなく、計画は失敗したと見なされた。
しかしその後、メインエンジンのかわりに推力が5分の1しかない姿勢制御エンジンを使うことにした。このことで、6年後に金星に再接近する際に、金星の周回軌道に移ることが可能となった。当初計画とはまったく異なる新たなプランで、計画の完遂を狙った。
2015年12月7日に金星周回軌道への再投入が行われ[1]、12月9日に成功が確認された[2][3][4]
2016年4月4日、再度の軌道修正を行い、4月8日成功を確認した[5]。この軌道修正により観測期間が当初予定の800日から2000日に延びる事となった[5]
それ以後、金星を周回しながら、大量の写真を撮影した。2019年4月現在、5台のカメラのうち2台が故障したが残る3台が正常に作動している。これまでに送られた画像は、人類にとって未知のもので、金星の構造について多大な知見を与えた[6]
目次
1.計画概要
2.設計
3.開発
4.運用
├4.1.打上げから初期運用
├4.2.周回軌道投入マヌーバ
├4.3.軌道修正制御
└4.4.金星周回軌道再投入
5.広報
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.関連項目
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/04/22 17:31
ソ人気記事ランキング
2019/06/26 更新
 1位日本
 2位彩希エリナ
 3位竹達彩奈
 4位福田浄
 5位6月25日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant